“ロータスコート”の事、ご存知ですか?
更に進化、超々撥水性コーティング「Lotus Coat」
 

○日本初の超撥水テクノロジーと、ハイレベルの帯電防止コートにより 汚れ・水滴はもちろんのこと、ホコリが吸着しにくい機能を実現!!
〔ロータスコートは特許出願済みです〕
 ・汚れがつきにくい
 ・汚れが拭き取りやすいから、キズがつきにくい
 ・水滴がさっと落ちる
 ・埃がつきにくい

○お手入れ回数が1/5に! ※伊藤光学社内モニター結果より

○屋外での急な雨でも視界がクリア (視界を妨げない水滴の粒子の細かさを実現)

【注意事項】
 ・従来レンズと比べ、汚れが付きにくく付いたとしても拭き取りやすいレンズですが、全く汚れが付かないことを保証するものではありません。

 
 
 
防汚、拭き取り性
 
・指に皮脂を付け、レンズに付着させました。  
ロータスコート
通常防汚コート
 
・セリートで同じ強さで1回だけ拭いてみました。  
ロータスコート
通常防汚コート
1回拭いただけで皮脂汚れがほとんど取れました。
※右半面を拭き取り
1回拭いただけでは皮脂汚れ取れず、
この後5回拭いてやっと取れました
※右半面を拭き取り
 

 
マジック付着実験
 
マスカラを想定して、マジックでレンズに線を引きました。
ロータスコート
通常防汚コート
ロータスコートは撥水性が高いためインクが水滴となっておりますが
通常防汚コートの方はインクが滲み、広がってしまいます。
 

 
撥水性
 
向かって左に「ロータスコート」、右に「通常防汚コート」のメガネをマネキンに掛けさせます。
ロータスコート
通常防汚コート
シャワーホースで雨を降らし、左右ともブロアーで風速7m/s(25Km/h)の風を当てました。
ロータスコートは風で水滴が飛んだのに対して、通常防汚コートは水滴が表面に残っています。
(※風速7m/sは風の強い日や速めの自転車程度の風に相当します)
 

 
コート別性能比較
 
 
〔ロータスコート加工手順〕
 
 
●加工手順 ◆クリックしてご覧ください。
 
 
〔ロータスコート資料〕
 
 
●コンセプト資料 ◆クリックしてご覧ください。
 
 

 
〔ロータスコート映像〕
 
 
 

   
<back
next>
   
   
Copyright (c) TSL Corporation All rights reserved.