Speed & Quality
 

●眼鏡レンズ
 1.用途
 2.素材
 3.屈折率
 4.コート

  @コート膜の剥離
  Aお手入れ方法

 5.カラー
  @色と光源
  
A色の退色
 6.特殊プライマーコート

 7.
製造行程
  
@成形工程
  
A染色〜仕上がり迄
 8.レンズ面
  
@球面レンズ
  A非球面レンズ
●メニモHEVカット
●ブルーライトカットコート
●アメイジングコート
●イーグルビュー
●スノービュー
●偏光レンズ
●被写界深度延長設計
●ロータスコート
●Heat Guard Coat
●リフバックUVコート
●ESENCIAコート
●IRブルーカットコート
●SPLASHコート
●お薦めレンズ
 1.グラデュアルシリーズ
 2.エスペランスシリーズ

 3.メリウスシリーズ
 4.クインセシリーズ
 5.ルーミンシリーズ
 6.スポーツRSシリーズ
 7.FZシリーズ
 8.サポートレンズシリーズ
 9.GZシリーズ
 10.インフォーク

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“偏光レンズ”の事、ご存知ですか?
目に優しい偏光レンズ
 

 偏光レンズの機能を説明する上で一番分かり易いのは、太陽光が反射して鏡のようになっている水面の乱反射を抑え、
水中をすっきり見えるようにしてくれるレンズであると言う事です。

これと同じような体験はスキー場などでもできますが、このような説明ですと特殊な機能ばかりクローズアップされてしまい、
特別な用途でしかメリットがないように誤解されてしまうかもしれません。

実はこの偏光レンズ!目にとっても優しいレンズなんです。

紫外線をカットし、眩しい反射光を抑え、カラーによるコントラスト効果も期待できるレンズで、水面や雪面だけでなく、
日常の路面や街中でも、その効果を存分に体感していただけます。

目に優しい偏光レンズのご利用をお勧めいたします。

 

【偏光レンズ】
  偏光膜は特定方向だけの光を通過させる薄い膜で、
入射面に垂直なS波と水平なP波が混ざった自然光から
P波をカットし、S波のみを通過させる構造となっています。
 

偏光レンズの見え方

 

 実際の見え方がどのようになるのか、カメラに偏光レンズを取り付け撮影してみました。

 

水面 ・水面の眩しさカット
・水面の中や川底、海底が見やすくなる
車体の照り返し
フロントガラス
・対向車フロントガラス
車体の眩しさカット
・運転手の目線が見える
(こちらを認識しているか分かる)
濡れた路面 ・路面の白光りが抑えられる
・センターラインなど必要な路面情報
が得やすくなる
  レンズ無し 偏光レンズ有り  
ツーポイント/ナイロールフレーム 加工上の留意点
 
 弊社の偏光レンズはフィルムが剥がれない特殊製法により、ツーポイントやナイロールフレームでも組み込みが可能です。
加工上の留意点をご覧いただき、偏光レンズの販売にお役立てください。
 
◆ツーポイント
  ネジを強く締め過ぎると歪みが顕著に生じます。歪み計を通さなくても光量の多い野外では肉眼でも歪みが見えます。
   
  パソコン画面で見た場合   空にかざして見た場合
 
◆ナイロール
 

偏光フィルムが入っている位置を目視していただいた上で、溝掘り位置、幅、深さを調整し、外周の偏光フィルムをすべて削る、
もしくはすべて残すようにしてください。レンズの形状や度数によっては、上記手法を行っても偏光フィルムの一部が削れて(残って)しまうなど、外観が損なわれる場合がございます。予めご了承ください。

  S-4.00
  フィルムが一部残ってしまった場合   フィルムを削って溝掘りした場合
 
感性を刺激する、アーティスティックレンズ ◇RARTS◇ 専用サイトへ
 
 
 
マウスポインターを乗せてクリックしてください
 
注意事項
 

JIS改訂に伴い路上での規制追加 ※JIS T7331 および T7333 が2018年10月1日付けで改訂されました。(官報掲載10月3日)
偏光レンズRARTSはすべての透過率が75%以下となりますので、薄暮又は夜間時における運転用又は路上での使用の禁止です。

カーナビの機種や車種によっては、ナビ画面や計器類の見え方に支障をきたしたり、フロントやリアガラスが強化ガラスの場合は、
表面の歪みが気になる事があります。購入の際はサンプルレンズなどで御確認いただく事をお勧め致します。
効果の感じ方には個人差があります。
製品の特性上、左右一組(2枚)のご注文に限らせていただきますので、片方のレンズのみのご注文は出来ません。ご了承ください。
   
  ◆偏光オリジナルカラーは2020年3月31日(火)を以って「RARTS」との併売期間を終了しました。 長らくのご愛顧に感謝致します◆
   

Copyright (c) TSL Corporation All rights reserved.